Everyone Can Create

あらゆる科目にクリエイティブな
表現を取り入れるプロジェクト
ガイドのコレクション。

Everyone Can Createのガイドに収録されたプロジェクトを活用すれば、生徒たちはビデオ、写真、
音楽、スケッチを通してアイデアを生み出し、それを伝える方法を学ぶことができます。そして、教師の
みなさんはこうしたスキルを、楽しくて意味のある形ですべての学年のあらゆる授業に取り入れて、
生徒たちのクリエイティビティを解き放つことができるようになります。

プロジェクトガイドをダウンロードする

クリエイティビティが大切理由。

40年間にわたって教育者のみなさんと多くの時間を供にする中で、私たちはクリエイティブな表現が
生徒の興味と関心を高めることを目の当たりにしてきました。このことは研究結果でも報告されています。
生徒たちは夢中になればなるほど、自発的に学ぶようになり、問題解決、コミュニケーション、共同作業の
能力を高めていきます。さらに深く探り、新しいことを試すようになり、より豊かなストーリーを語り、独自の
考えを持つようになります。想像力の翼を広げ、これまでは思いもよらなかった方法で結びつきを
作り出し、こうした能力を学校のさまざまな活動で発揮していきます。その能力はやがて、
教室から羽ばたいていく生徒たち自身の力となるでしょう。

生徒一人ひとりのクリエイティブな
才能を引き出そう。

生徒一人ひとりに自分に合った学び方があり、インスピレーションを受ける物事や、自分の考えを自分らしく伝えられる方法が異なります。教育者とプロのクリエイターの協力のもとに作られたEveryone Can Createには4つのプロジェクトガイドがあり、ビデオ、写真、音楽、スケッチの基本的なスキルとテクニックを紹介しています。生徒たちは、すべてのiPadで利用できる無料アプリケーションを使い、内蔵のカメラ、マイク、スピーカー、Multi-Touchディスプレイ、Apple Pencilを活用して学習していきます。新しいデザインワークブックを使えば、生徒たちは最終プロジェクトを制作する上での創造的プロセスに段階ごとに取り組みながら、重要なスキルを身につけることができます。

スケッチ

スケッチは、周りの世界をよく観察し、ひとつひとつがどのように組み合わされ、作用するのかを考える姿勢を育てます。生徒たちは絵を描くことで、言葉では表現できない、自分が想像した考えをわかりやすく表現することができます。バランスと対称、さまざまな線や図形、濃淡、色、質感を表現するスキルを学んで、言葉と文字を使ったアート、落書き風アート、ポートレート、ロゴデザインなどを使った視覚的な表現ができるようになります。

写真

写真に親しみ実際に撮影することで、生徒たちは身の回りの現実をより理解できるようになります。iPadのカメラと写真アプリケーションを使って、魅力的な被写体を見つけて構図を考えて撮影したり、光や影を使った表現を試したり、視点や奥行き、対称などのさまざまな構図の要素を考慮する力が身に付きます。風景を切り取り、ポートレートを撮影し、コラージュを作成するなど、さまざまなテクニックも学びます。

ビデオ

さまざまな概念を深く理解したり、自分の考えを表現したり、情報を効果的に伝えたり、相手にインスピレーションを与えるためのパワフルなツールとして、ビデオは役立ちます。生徒はiPadのカメラとClipsやiMovieを使って、構図や照明、カメラアングル、編集、舞台設定の方法を学び、ドキュメンタリー、現場レポート、短編映画を通じて、力強いストーリーを語れるようになります。

音楽

音楽には、ストーリーを豊かに表現する力があります。よく知っている曲を題材にメロディやサビ、ブリッジなどの基本的な構成要素を学ぶことで、自分だけの音楽を作れるようになります。生徒たちは、ビートの作成とサンプリング、トラックのアレンジ、ボーカルの録音といった手法を学んでいきます。さらにコードの構造、ドラムビート、作曲の方法も学び、それぞれが表現したいテーマや考えをストーリーにして伝える新たな可能性を広げます。

すべての授業にクリエイティブな表現を。

Everyone Can Createの教師用ガイドは、学年に応じたクリエイティビティを授業に取り入れることができるようにデザインされています。小学校低学年向けと高学年以上向けの2つのガイドがあり、算数、数学、国語、外国語、理科、社会、プログラミングの授業に魅力的なプロジェクトを取り入れるための300以上のアイデアを紹介しています。米国の芸術教育標準に適合しているほか、授業への統合に役立つツールがそろっているので、こうしたプロジェクトを従来の授業にスムーズに組み込むことができます。達成度を測るためのルーブリックがクリエイティブスキルの分野ごとに用意されており、生徒が制作した作品の評価や学習のサポートに活用できます。さらに生徒たちはデザインワークブックにそってクリエイティブな制作プロセスに取り組むことで、Everyone Can Createの各プロジェクトガイドで習得したスキルを活かしながら、自分らしいストーリーを完成させることができます。

Today at Appleのセッションで、
Everyone Can Createのプロジェクトを
実際に体験しよう。

Apple Store、Today at Appleの教職員向けラボに参加して、iPadを使ったクリエイティブな表現を探ってみませんか。Everyone Can Createのプロジェクトガイドにもとづく60分間のセッションでは、スタッフと一緒に実際の作業に取り組み、さまざまな科目や学年で、ビデオ、音楽、スケッチ、写真を取り入れて授業や課題をグレードアップさせる方法を学びます。幼稚園から高校生までの生徒を教える教育者のみなさんにおすすめのセッションです。

教師のみなさんのためのセッションを探す

世界中で教師のみなさんが、
Everyone Can Createのプロジェクトガイドと
教師用ガイドを使ってクリエイティビティを刺激し、
守り育てている取り組みを見てみましょう。

@AppleEdu#EveryoneCanCreateフォローする