行き方も、場所の周りも、
よくわかる。

より詳細な地図。臨場感あふれる3D体験。よく行く場所や見逃せない場所を簡単にチェックできる機能。そのすべてを持ったマップアプリは、かつてないほど上手にあなたを目的地までガイドします。目的地に着いてからも、楽しめることや体験できることが、これまでよりもたくさん見つかります。

出かけるのが、一段と簡単に。

一から生まれ変わった新しい地図。

643万キロメートルを超える距離を走りに走って、基礎になる地図を一新。情報量もリアルさも、はるかに進化しました。新しい地図は、道路、海岸、港、公園、建物、空港などの細部が大幅に改良され、より洗練されています。2019年末までには全米で提供を開始。2020年には世界中の多くの国で展開する予定です1

曲がるべき所で曲がれるように。

出かける時は、徒歩でも車でも、マップが音声によるターンバイターンの経路案内で目的地まで案内します2。一段と正確にガイドできるようになったので、行きたい店が入っているショッピングモールではなく、店そのものにたどり着けます。車で行った場合は、駐車した場所を思い出せるように地図上にピンで印を付けておきます。

いつも正しい車線で。

車線案内機能が、曲がりたい交差点や入りたい高速道路のランプの手前で正しい車線を案内します。間違った方向に曲がったり、高速の入り口を逃してしまうことがなくなるでしょう。

遅れそうな時は、
到着予定時間を
相手と共有できます。

あなたの到着予定時刻を家族、友だち、同僚と共有できます。大幅に遅れそうな場合は、到着予定時刻が更新されます。

公共交通機関を使う時は、
リアルタイムの時刻表が。

交通機関の詳細なスケジュール、リアルタイムの出発時刻と到着時刻、経路上でのバスや電車の現在位置、乗り継ぎなどをチェック。リアルタイムの交通機関情報を使えば、移動プランが立てやすくなります。運休などの重要な運行情報もリアルタイムで表示されます3

主な空港やモールの中もよく見えます。

屋内のマップでは、世界中にある主な空港やショッピングセンター内部の詳しい案内図を見ることができます。空港のセキュリティを通過したあとで選べるレストランをチェックするのも、お気に入りのショップがショッピングモールの何階にあるのかを調べるのも、簡単です。

興味がある場所は、
行く前に行っおこう。

Look Aroundなら、
目的地の様子を3Dでチェックできます。

一部の都市では、周囲の景色を360度見渡しながらインタラクティブな3D体験ができます。街中を探索してみたい時に最適。移動している時の画面の移行はスムーズでシームレス。流れるようです。

Flyoverなら、好きな街を上空から眺められます。

主要な大都市を、写真のようにリアルで臨場感あふれる3Dビューで上空から眺めることができます。あなたのデバイスを空中で動かして、空からの街歩きを楽しみましょう。拡大したり、パンしたり、傾けたり、回転させたりしながら、都市やランドマークの周りを高解像度で見て回ることもできます4

行きたい所すべてが指先に。

よく行く場所はワンタップで。

自宅、職場、フィットネスクラブ、子どもの学校など。頻繁に行く場所は、ワンタップで経路案内を始められる場所に並びます。だからいつものデバイス上でも、CarPlayを搭載した車のダッシュボード上でも、マップアプリを開いたらすぐに行き方がわかります。

コレクションなら、
見逃せない場所のリストを
作って共有できます。

例えばニューヨークのグルメスポットやパリの観光名所など。お気に入りの場所や、これからお気に入りになりそうな場所は、コレクションを作って友だちや家族とシェアできます。

先を読んだ提案をするので、常に一歩先を行けます。

マップアプリはあなたが行きそうな場所をリストで表示するので、その中のどこへ行く時でも、ワンタップで行き方がわかります。フライトの予定がある場合は、ターミナル、搭乗ゲートの位置、出発時刻などの最新情報をお届けします。

どこへ行く時も、あなたの位置情報の守られます。

マップアプリは、あなたのプライバシーを犠牲にすることなく目的地に着けるように
お手伝いします。次の予定のための出発時刻のお知らせなど、あなたに合わせた
通知や提案は、あなたのデバイス上のデータを使って作られます。検索キーワード、
経路案内のルート、交通情報など、使用中にマップアプリに送られるデータは、
あなたのApple IDではなく、ランダムな識別子と関連づけられます。

関連情報

マップアプリのヘルプ

iPhone、iPad、iPod touchでマップを使う

アプリやウェブサイトに組み込む