アクセシビリティ

あなたに合った使い方ができる様々な
機能を内蔵。思いのまま。
素敵なみませんか。

MacBook上でのFaceTime通話で一部の参加者が手話を使っている。
iPhone上でカメラアプリが開き、音声コントロールのラベルが表示されている。
大きい音に対するノイズアプリのアラートがApple Watchに表示されている。
iPad上のウェブサイトで選択項目の読み上げ機能を使っている。

大きく。太く。見やすく。

拡大鏡

小さい文字も読めます。

iPhone using Magnifier to enlarge restaurant menu

拡大鏡は、デジタル版の虫めがねのように機能します。iPhone、iPad、iPod touchのカメラを使い、薬の瓶からキャンドルで照らされたメニューまで、レンズを向けたあらゆるもののサイズを拡大できます。iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、12.9インチiPad Pro(第4世代)、11インチiPad Pro(第2世代)では、新しく搭載されたLiDARスキャナの能力により、あなたの近くにいる人との距離を特定できるようになりました。人の検出機能は、光が物体に反射して戻ってくる間の時間を計測する技術を利用して、あなたが安全な距離を保ちながら列に並んだり、混雑した場所をうまく通り抜けたり、空席を簡単に見つけるといった様々なことができるようにお手伝いします。

小さい文字も読めます。

拡大鏡を設定する:

さらに大きな文字

Set the text just right.

1回の設定で、iOSアプリのテキストがより大きく、より読みやすいサイズに。カレンダー、連絡先、メール、メッセージ、ミュージック、メモ、設定はもちろん、一部の他社製アプリにも対応します。

文字のサイズは、まるでオーダーメイド。

「さらに大きな文字」を設定する:

ズーム

Enlarged text by using zoom feature

スクリーンの一部を一瞬で拡大できます。iOS、iPadOS、macOSでは、拡大した領域を別のウインドウで見ながら、ほかの部分をもとの大きさのまま残すピクチャ・イン・ピクチャ表示も使えます。

Larger and larger

ズームを設定する:

あらゆることをタップ一つで。

スイッチコントロール

操作方法を、
操作できます。

Switch Control navigating Apple Maps

画面上の項目をワンタップで操作できます。スイッチ、ジョイスティック、キーボードのスペースバーといった様々な適応デバイスを使ったり、トラックパッドをワンタップするだけで、画面上の項目の間を順番に移動しながら特定のアクションを実行できます。

操作方法を、操作できます。

スイッチコントロールを設定する:

背面タップ

タップを
2回。

ほら、こんなことが。

コントロールセンターを開く。スクリーンショットを撮る。お気に入りのアプリを立ち上げる。あらゆる種類のアクションを、iPhoneの背面をダブルタップまたはトリプルタップするだけで実行するように設定できます。標準的なホーム画面上でのジェスチャーを行うのが難しい場合に置き換えられる、優れた方法です1

背面タップを設定する:

iPhone

AssistiveTouch

ピンチ、回転、スワイプなどの標準的なジェスチャーを、あなたがもっと使いやすい方法に調整できます。音量を調節するといったそのほかのアクションにも、AssistiveTouchのメニューからワンタッチでアクセスできるようにカスタマイズすることもできます。

AssistiveTouchを設定する:

どこでも、
どんな音でも。

ヘッドフォン調整

その音を、あなたの聞き方で。

Customize your audio experience with AirPods Pro

あなたの聴覚のニーズに合わせて、オーディオの体験をカスタマイズしましょう。iPhoneまたはiPadでは、ヘッドフォンを通したメディアの再生音や通話音声がよりはっきりクリアに聞こえるように、弱い音を増幅したり、特定の周波数を調整できます2

その音を、あなたの聞き方で。

ヘッドフォン調整を設定する:

「Made for iPhone」補聴器

音量が場所に合わせます。

Adjust hearing levels with iPhone Hearing aids

Appleは業界を代表するメーカーと協力し、iPhone、iPad、iPod touchのための特別な補聴器とサウンドプロセッサを開発しました。静かな環境から雑音が多い環境に移動した時には、あなたの聴覚専門医によるプリセットを適用したり、自分でレベルを調整することもできます。ほかのリモコンは一切必要ありません。

音量が場所に合わせます。

「Made for iPhone」補聴器を設定する:

ライブリスニング

最前列で聴いてるみたい。

最後列で聴いていても。

「Made for iPhone」補聴器またはAirPodsを使えば、会話をよりはっきりと聞き取れるようになります3静かに会話している時は、あなたのiPhone、iPad、iPod touchを話している人に近づけてみましょう。内蔵マイクがその人の話し声を増幅させます。

ライブリスニングを設定する:

集中できる理由があります

Safariリーダー

余計なものがない。だから、もっと夢中なれる。

視覚的な煩雑さを減らし、広告、ボタン、ナビゲーションバーなどが表示されなくなるので、見たいコンテンツだけに集中できます。Safariリーダーを利用できるウェブサイトで、自動的にSafariリーダーが適用されるように選ぶこともできます。

余計なものがない。だから、もっと夢中になれる。

Safariリーダーを設定する:

読み上げコンテンツ

文章を心地良い
音楽のように聴こう。

読んだり書いたりしている内容を耳で聞くと学習しやすい人や、理解しやすい人もいます。画面の読み上げ、選択項目の読み上げ、入力フィードバック、予測入力などの機能は、聴覚の要素をテキストに加えてそのような方をサポートします4

文章を心地良い音楽のように聴こう。

読み上げコンテンツを設定する:

文字だけでなく、
絵も写真も読みます。

VoiceOver

言葉で伝えます。言葉で説明します。

VoiceOver機能がiPhone上の画像を説明し、説明した内容を表示している。「カメラに向かって笑顔でポーズをとる2人の人。」

この画面読み上げ機能は、あなたのiPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、iPod touch上で起きていることを正確に声で伝えるので、ただ聞くだけでデバイスを操作できます。iOSに搭載されているデバイス上の知能によって、画像を完全な文章で説明したり、画像内のテキストを読み上げます。写真アプリでは、写真に写っている人物の表情を伝えることもできます5

言葉で伝えます。言葉で説明します。

VoiceOverを設定する:

バリアフリー音声ガイド

あらゆるシーンを言葉で描きます。

映画を観る時に、登場人物の表情からその場面のムードまで、そのシーンで起きているすべてを詳しい音声ガイドで聞くことができます。バリアフリー音声ガイドは、Apple TV+オリジナルのすべてのコンテンツで利用できます。

See ~暗闇の世界~ をApple TVアプリで観る

あらゆるシーンを言葉で描きます。

バリアフリー音声ガイドを設定する:

選択項目の読み上げ

Speak bubble

テキストを選ぶ。
テキストが
聞こえる。

テキストの中で聞きたい範囲を選ぶと、iPhone、iPad、Mac、iPod touchがそれを読み上げます。40以上の言語とアクセントに対応しています。

テキストを選ぶ。 テキストが 聞こえる。

選択項目の読み上げを設定する:

声ですべてをコントロール。

音声コントロール

声だけで撮影もできる。

Voice Control example commands.

シンプルな音声コマンドだけで、iOS、iPadOS、macOSを使ってアプリをすばやく開いて操作できます6クリックできる項目の横に番号付きラベルを表示させて操作したり、画面上にグリッドを表示させて選択、拡大、ドラッグを正確に行えます。

声だけで撮影もできる。

音声コントロールを設定する:

音声入力

キーボードに触れずに文字入力。

文章を書くのも、句読点を付けるのも、声だけでどうぞ。メッセージやEメールの作成、様々な文章の下書きなどが、はるかに効率良くできるようになります。

2行上に移動。文を選択。それにアンダーラインを引く。

音声入力を設定する:

Siri + ショートカット

あれもこれも、
Siriが手伝います。

Siriは一度に複数のことができます。あなたはただ、声に出して頼むだけです。コマンドは、便利なショートカットのライブラリから選ぶか、複数のアクションで構成されるあなただけのオリジナルを作れます7

あれもこれも、Siriが手伝います。

Siri + ショートカットを設定する:

知るべきことを
もう逃しません。

サウンド認識

緊急時でも音が見える。音を感じる。

Sound Recognition alert for a Fire Alarm on iPhone.

iPhoneまたはiPadが火災報知器やドアベルなどの特定の種類の音やアラートを検知すると、表示とバイブレーションによる通知でお知らせします。

緊急時でも音が見える。音を感じる。

サウンド認識を設定する:

感覚的な通知

iPhoneでは、電話とFaceTime通話の着信、新しいメッセージ、Eメール、カレンダーのイベントの通知をバイブレーションで受け取れます。iPhone、iPad、iPod touchでは、LEDライトをすばやく点滅させられます。Macを使っている時は、アプリがあなたに何かを知らせたい時に画面を点滅させることもできます。

通知します。光で。振動で。

感覚的な通知を設定する:

FaceTime + 手話へのフォーカス

あなたの話が自動的に真ん中に。

Sign language detection in a Group FaceTime call.

手話を使う方にとって、FaceTimeはコミュニケーションをとるための理想的な方法です。高品質なビデオと高速フレームレートが特長のFaceTimeなら、あらゆる動作と顔の表情をとらえられます。グループFaceTime通話ではあなたの手話を検知し、自動的にあなたが目立つように映し出します8

あなたの話が自動的に真ん中に。

FaceTimeを設定する:

機能を、

使みませんか?

アクセシビリティのサポート

さらに詳しく

アクセシビリティのためのアクセサリ

今すぐ見る

デベロッパの
ためのガイド

さらに詳しく

関する
Appleの取り組みを紹介します。